「コープみらいのお店(東京、埼玉、千葉)」からお役に立つ店舗情報をご紹介。

おいしさと安心を、うれしい価格で。コープみらいのお店

文字サイズ

今週のプロ野菜ニュース

コープみらいが毎週お届けする、プロ野菜ニュース。おすすめの理由や豆知識など、役立つ情報が満載です。

第1号 3月18日(月)~3月24日(日)

今週のおすすめ1番「くだもの」

今週のおすすめ1番「いちご」のイメージ

いちご(分類:バラ科オランダイチゴ属)

「いちご」ココがおすすめ

いちごの名産地「埼玉県」「栃木県」の “コープの産直産地” から美味しい『いちご』が続々入荷中です。

1番のおすすめは、人気が高く最も生産量も多い「とちおとめ」です。
「とよのか」と「女峰」を掛け合わせ、さらに「栃の峰」の交配によって生まれました。

「とちおとめ」は、酸味が少なく甘みが強いことが特徴で、現在はいちごの代表的な品種になりました。
コープのこだわり産直「埼玉産直センター」の “産直とちおとめ” は栽培方法にもこだわった逸品です。

他品種では福岡県産の「あまおう」がおすすめです。

名前の由来は、このいちごの特徴である「かい・るい・おきい・まい」の頭文字をとったものです。また、“甘いいちごの王様”“甘王(あまおう)になるように”との願いも込められています。

「いちご」の選び方と保存方法

いちごを選ぶときのポイントは、まずヘタまで十分に色づいてムラがないこと表面に艶があり、産毛のようなものが残っているいちごを選びましょう。

また、「ヘタ」にも注目してください。摘みたてのいちごのヘタは、緑は鮮やかでピンと先が立っています。鮮度が落ちると共にヘタがしなびていきどんどん干からびてきます。

生で食べるなら、もちろん冷蔵庫に入れてなるべく早めにお召し上がりください。保存する場合は、ヘタをとらずラップをかぶせて冷蔵庫へ。水洗いは食べる直前に。

今週のおすすめ1番「やさい」

今週のおすすめ1番「アスパラガス」のイメージ

アスパラガス(分類:ユリ科アスパラガス属)

「アスパラガス」のココがおすすめ

九州から春を告げる野菜『アスパラガス』が到着しました。

サラダや炒め物、肉巻き・天ぷらなど多くの料理に使えます。ほんのり甘い春の味をお楽しみください

「アスパラガス」の選び方と保存方法

アスパラガスの選び方は、穂先が締まっているものを選びます。根元のあたりまで張りがあり、切り口が新しいものが新鮮です。色は、鮮やかな黄緑色がおすすめです。

アスパラガスを冷蔵庫で保存する場合には、葉物などと同じように、袋に入れるか、ラップで包むなどして乾燥を防ぎましょう。また、出来るだけ立てた状態で保存します。

冷凍保存する場合は、下茹でしてから、適当な長さに切り、ステンレスバットなどに広げ、一気に凍らせると良いです。少しでも早く凍らせることによって、組織内の氷の結晶を小さくでき、食感の劣化を抑えます。

「アスパラガス」を使った料理

  • 1. シンプルに塩焼き…オリーブオイルをひいて中火で焼き目をつけ、塩で味付け。太めのアスパラを選びましょう。
  • 2. 肉巻きアスパラ…豚ロースでアスパラガスを巻いた定番。湯通しはさっと!穂先は食感が残るように軸から。
  • 3. パスタ…ベーコンとアスパラをパスタと一緒にからめて和風の味付けに。春を感じる「和風パスタ」
★ コープの「産直」って?
  • ○ 「産直」は単なる商品取引ではありません。また「産地直送」や「産地直結」の略語でもありません。「産直(さんちょく)」と称するコープの大切な取り組みです。
  • ○ 「産直」は、普段のくらしに必要な農産物を、量的にも質的にも安定的に確保するための取り組みです。
  • ○ 「産直」は、生産者・生協・組合員などフードチェーン全体が、包括的かつ直線的につながり、さまざまな課題を共有し、その改善・解決を進めながら新しい価値を創造する取り組みです。
  • ○ 「産直」は、安全性の確保を大前提として、商品の「おいしさ」、環境への「やさしさ」、そして生産者と組合員の「つながり」を大切にします。
コープの産直マーク

お得な情報

お店のチラシ

今週のプロ野菜ニュース

予約受付商品のご案内

MY店舗

ページトップ