「コープみらいのお店(東京、埼玉、千葉)」からお役に立つ店舗情報をご紹介。

おいしさと安心を、うれしい価格で。コープみらいのお店

文字サイズ

今週のプロ野菜ニュース

コープみらいが毎週お届けする、プロ野菜ニュース。おすすめの理由や豆知識など、役立つ情報が満載です。

第5号 4月16日(月)~4月22日(日)

今週のおすすめ1番「くだもの」

今週のおすすめ1番「種なしぶどう」のイメージ

種なしぶどう(分類:ブドウ科ブドウ属)

「クリムゾン」のココがおすすめ

アメリカ生まれの皮ごと食べられる種なし品種です。

粒は比較的小さめですが、果肉はやや固く、しっかりとした食べ応えが味わえます。
甘味と酸味が程よく調和した品種です。

「トンプソン」のココがおすすめ

アメリカ生まれの品種で、ドライフルーツの“レーズン”の原料としても用いられます。

皮は薄く、そのまま食べられ、パリッとした食感が特徴です。
酸味もありますが、甘味が強い品種です。

「ぶどう」の豆知識

「ぶどう」はブドウ科の木になる果実で、世界中に様々な品種が自生しています。日本では「山ぶどう」がそのひとつです。

ヨーロッパやエジプトでは古くから栽培され、ワインも作られていました。
日本では山ぶどうが自生していましたが、奈良時代にシルクロードを経て、中国から伝わったとされています。
その後、山梨県で自生していたぶどうを鎌倉時代に栽培するようになった品種が「甲州ぶどう」といわれています。

また、国産の「ぶどう」は主に6月頃から出回り始め、11月頃までがシーズンですが、今では種なしの「輸入ぶどう」が人気で、ほぼ通年食べることができます。

今週のおすすめ1番「やさい」

今週のおすすめ1番「春キャベツ」のイメージ

春キャベツ(分類:アブラナ科アブラナ属)

ココがおすすめ

産直産地の神奈川県JA三浦市とJAよこすか葉山から、今が旬の甘くてやわらかい春キャベツが入荷しました。

ミネラル成分が豊富な水にこだわり、栽培管理を徹底した、どちらも鮮度・品質では定評の産地です。

春キャベツはやわらかく、甘みが強いのが特徴。サラダや浅漬けに最適です。どうぞご賞味ください。

キャベツの栄養は?

特徴的なのは「ビタミンU」で、これは別名「キャベジン」
そうです、胃腸薬でおなじみの成分で、胃腸の働きを助ける作用があるといわれています。

もう一つの特徴はビタミンCが豊富なことです。ただしビタミンCは水に溶けやすいため、水に漬けすぎないようにして生で食べると効果的です。
ロールキャベツなど煮物に使う場合は、スープごといただくと、その滋養を丸ごと生かせます。

とんかつや揚げ物になぜキャベツ?

この組み合わせは、明治28年、銀座の洋食屋さんが発祥といわれています。

それまでは付け合せは温野菜が定番でしたが、手間がかかるため生のキャベツを合わせたそうです。それまで煮物や漬物が普通で、日本人が生野菜を食べるきっかけになったともいわれています。

胃にもたれやすい揚げ物にキャベツというのは理にかなった組み合わせであり、洋食屋さんの先見の明ですね。

★ コープの「産直」って?
  • ○ 産地と直接契約
    コープの産直の歴史は古く、1970年代にさかのぼります。 「“出どころ”の確かな農産物が食べたい」と願う消費者が集まって、産地と直接契約を結んだのがその始まりです。
    以来、長年にわたって“より美味しく育て、美味しい状態で運ぶしくみ”を生産者や流通業者と一緒につくり上げてきました。
  • ○ 安全・安心で美味しい
    厳しい品質管理の基準をクリアした農産物を「産直品」と呼んでいます。
    農産物本来の深い味がして美味しいのは、まさにこのためです。
コープの産直マーク

お得な情報

お店のチラシ

今週のプロ野菜ニュース

予約受付商品のご案内

MY店舗

ページトップ